スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランク - FC2 Blog Rankingブログ村
--.--.-- [--] - --:-- | スポンサー広告

Trick or Treat!

Trick or treat!何かくれないとイタズラすっぞ!
ヽ(* ゚(w)゚ *)ノかぼちゃオバケだぞ(誰
カボチャに化けたピーチでこんにちわ。
イベント7回目に無事かぼちゃ頭を入手し、
やっとイベントに参加出来た気分です。
このカボチャ頭が無い事には
今回のイベントは全く無意味なもの。
イベント開始と同時に
「Trick or treat!」
というキーワード貰えましたが
使えなきゃ全く意味がないですよね。
最初からフクロウが
このカボチャ頭を運んでくれば、
もしくはNPCの店で売っていれば
今回のような荒れ方はしなかったでしょう。

さて、いつまでもこのイベントに対してグダグダ言ってても仕方ないので
こうなったらとことんイベントを楽しもうじゃないの!
てわけでTrick or treat!を使ってお菓子を貰いまくってきました。
お菓子イパーイ♪

以下、もらった時の台詞とかお菓子の種類とか。



もらったお菓子

まぁなんつーか、マビノギはこういうものに対しては本当にクオリティが高いと思う。
一つ一つとてもかわいくて、本当にリアルで欲しくなっちゃうぐらいです。

― ティルコネイル ―
ダンカン村長…ハロウィンキャンディー
「今年もまた、ハロウィンの季節になったか・・・。このくらいの年になるとな…1年が1日のようであり、また1日がほんの数時間のように感じることが多いのだよ。はは…まだ君は若いからこんな話、実感が湧かないかもしれんがな。そうだ、わしからもハロウィンキャンディーをあげよう。味は保証できないが、君のために特別に用意したキャンディーだ。是非食べてくれたまえ。」

エンデリオン…ハロウィンキャンディー
「ふふっ。ハロウィンのお菓子ですよね。ちゃんとご用意していますよ。今回は、メイブン司祭様からの2人分のキャンディーを差し上げます。ハロウィンが過ぎればもう冬です。健康にお気をつけて、風邪などひかれぬようお過ごしください。」

メイブン司祭…×
「おお、これはこれは・・・聖堂の中までは入って来づらいのではないかと私からのハロウィンキャンディーは外にいるエンデリオン司祭に預けたのですが・・・。かえって手間を取らせてしまったようですね。どうか楽しいハロウィンになりますように。」

ラサ…ハロウィンゼリー
「もうディリスの所は行ってみた?ディリスがどんなハロウィン料理を用意したのかあたしにだけこっそり教えてくれないかなぁ?えっ?あははっ、違いますよ!それとは関係なく、あたしはちゃーんとゼリーを用意したからご安心を。しっかり心のこもったプレゼントだからね!ピーチさんに伝わるといいなぁ~♪ふふふっ。」

アリサ…×
「あっ!ハロウィンキャンディーをもらいに、みんなのところを回ってるんでしょう?あたしもそろそろもらいに行こうかな~って思ってたところなんだ。だから、先に回ってキャンディー全部持ってっちゃダメだからね~!?」

ノラ…ハロウィンクッキー
「ふふふっ。いいですね~かぼちゃ帽子!ピーチさんにとっても似合ってますよ。じゃぁ、かわいいかぼちゃさんには、このケイティンさんのお店で買ってきたクッキーをあげましょう~!ステキなハロウィンになりますように~。」

ピルアス…ハロウィンキャンディー
「今日はハロウィンキャンディーをたくさんもらえましたか?私も少し用意したのですが、インベントリが埋まっているようですね。もう持てそうにありませんか?」

ファーガス…ハロウィンチョコレート
「ハロウィンか。ふむ・・・。ならば、このチョコレートはどうだ?バレンタインのとき、愛のチョコレートをもらいすぎて倉庫にチョコレートが腐るほどあるんだ。いくら愛情表現と言っても、度を越してしまってはな。しかも、もらった愛は返さなくてはならないものだろう?さぁ、このファーガスの熱い心がこもったハロウィンチョコレートを受け取ってくれ!ホホッ!」

羊飼いの少年…×
「あれ・またハロウィンキャンディーもらいに来たの?困るんだよな~。ここはケイティンさんの食料品店じゃないってば!僕にキャンディーなんて言われてもね・・・。」

ベビン…ハロウィンキャンディー
「ふふふ。ハロウィンだからですか?ピーチさんたら・・・そんな帽子被って、イタズラっ子みたいですね。あ。もしかしてハロウィン料理ですか?一応、かぼちゃパイとキャンディーを用意したんですけど・・・パイはもうなくなっちゃって、キャンディーしか残ってないんです。これでもよろしかったらどうぞ。」

ディリス・・・ハロウィンキャンディー
「・・・!びっくりした~。ピーチさんでしたか。ピーチさんはやっぱり、人を驚かせるのがお上手ですね。はい。ちゃんとハロウィンキャンディーをご用意しましたよ。キャンディーが健康を害する恐れがある・・・という話はピーチさんも一度くらい聞いたことがあるでしょう?なので、今回は特別に、体の良いと言われている各種薬草をキャンディーに混ぜてみました。ですので味は・・・食べてた方皆さん、ポーションの味がするって言っていました・・・。甘くないといけないのに・・・すみません。」

トレボー…ハロウィンキャンディー
「・・・そのキャンディーが、半年もたたないうちにこうして日の目を見るとは夢にも思わなかったぞッ!ん?あまり嬉しそうじゃないようだが・・・。まあ、そういやそうな顔をしないで、受け取ってくれ。オレだって・・・あのときの記憶がよみがえって・・・今、心がズタズタなんだ。」

ゴロ…×
「ゴブリンにとって・・・ハロウィンはそんなにいい思い出ばかりじゃないのです・・・。これ以上聞かないでください。」


― ダンバートン ―
アイラ…ハロウィンキャンディー
「あ、そういえばハロウィンでしたね・・・どうしましょう。まさかハロウィンキャンディーをもらいに来るなんて思ってもみなかったので・・・用意してないんです。あっ!そうだ。ちょうど飲食店でデザートにもらったキャンディーがあるんですけど・・・これでもよければぞうぞ!ちょっと安っぽく見えるけど味はそれなりに・・・食べられるって言うか・・・いえ!そういう意味じゃ・・・あぁぁ・・・すみません。」

アランウェン・・・×
「私は・・・何と言うか、ハロウィンに対してあまり良い印象がないのです。・・・今では華やかなお祭りですが、元は、魔族が現れやすかったため、それを払うために催されていたものですから。・・・私が過敏すぎるのかしら。」

スチュアート・・・ハロウィンキャンディー
「せっかくのハロウィンなので、少し特別な、プレゼントを用意しようかと思ったのですが・・・逆に平凡なほうがよく見えたりするような気がして・・・ははは。それで、キャンディーを用意してみたんですが・・・。ど・・・どうでしょう?ピーチさんが気に入ってくれるといいんですが・・・・・・ははは。」

ネリス…ハロウィンチョコレート
「あ。いい格好ね。ハロウィンらしいじゃない。じゃぁ、これあげるわ。ハロウィンだからチョコレートよ。アタシの手作りじゃないけどさっきひとつ味見してみたらけっこうおいしかったわよ。」

マヌス・・・×
「いおお。ハロウィンだな。いや~~オレもピーチのようにネリスにハロウィンキャンディーをもらいに行ったんだが・・・ひどい目にあったよ。う~む・・・俺もいつの間にかキャンディーをもらうような歳じゃなくなったのか?俺もピーチみたいにカボチャ帽子で仮装していけばもらえたかもしれんなぁ・・・。」

エヴァン・・・×
「つい先ほど冒険家組合から問題が起きたという連絡を受けました。ちょうどこれからハロウィン用のキャンディーを用意しようと思っていたところだったのですが・・・時間がなくて用意できそうにありません。本当にすみません。」

グリニス・・・ハロウィンチョコレート
「ああ~今日に限ってハロウィン料理の注文がたまって、忙しくて忙しくて目が回るわ!でもいくら忙しくても皆さんが楽しみにしているんだもの。やることはやらなくちゃね。さあ、どうぞ。おいしいハロウィンチョコレートを作ってみたのよ。楽しいハロウィンを送ってちょうだいね。」

クリステル・・・ハロウィンかぼちゃパイ
「私が用意したハロウィン料理はかぼちゃパイです。ですが・・・レシピが間違っていたのか、何度やってもうまくいかなくて・・・。ようやく、いくつか成功したのです。ですので、味は・・・大丈夫だと思います。よろしければ、どうぞお受け取りください。ハロウィン期間中、楽しい思い出を作ってくださいね。」

バルター・・・ハロウィンチョコレート
「ハロウィンか・・・柄じゃないと思われそうだが、一応、チョコレートを用意した。気に入ってもらえるといいが。」

シモン・・・ハロウィンかぼちゃパイ
「ウフフ、いいわねその帽子。気に入ったわ。お菓子が欲しいんでしょ?ちゃんと用意してあるわよ。何を用意しようか迷ったんだけど、情熱的ながらもエレガンスな雰囲気のあるアツアツのかぼちゃパイにしてみたわ。うっかり服にこぼさないように、気をつけて食べるのよ。」

オースティン・・・×
「当アスキン銀行では。伝統的な祭りであるハロウィン期間中は顧客のみなさまのためにハロウィンキャンディーを用意しています。しかし・・・最近カボチャ帽子を被った覆面強盗が出没しているという知らせを受けましてね・・・。・・・うむ。ははは・・・キャンディーを用意できなかったと言う言い訳にしては下手すぎるかな?・・・ははは。」

― イメンマハ ―
クレイグ・・・×
「そんな怪しい帽子をかぶっていたら魔族と間違われるぞ・・・。」

シェーナ・・・×
「あぁ~ハロウィンですっごく忙しい!パーティー料理の予約もたまっちゃってるし・・・。一日中忙しくて目が回っちゃうわ。はぁ・・・・・・。ところでそのカボチャ帽子、とってもかわいいわね。ピーチさんにすっごく似合ってるわよ。」

フレイザー・・・×
「あぁ・・・今日に限って注文がたまって忙しいな。本当だったら今日のために用意しておいたハロウィン料理でもこっそりあげたいんだけど・・・師匠の雷が落ちそうだから、ごめんね。」

ゴードン・・・×
「カボチャ帽子だ・・・?・・・いくらハロウィンだからと言って食べ物を使って遊ぶのは気に入らんな。うーむ・・・私の考えが固すぎるんだろうか・・・。しかし、シェフとして食べ物を大事にするのは当然のことだろう?」

オスラ・・・ハロウィンチョコレート
「うわっ・・・すごくびっくちしましたよぉ。魔族かと思ったじゃないですかぁ。はい~。これをもらいに来たんですよね~?ピーチさんにあげようと私もハロウィンチョコレートを用意したんです~。賞味期限切れとかじゃないですから安心してくださいね~。」

ネイル・・・ハロウィンキャンディー
「その帽子ホントおもしろいねぇ。ボクもちょっと欲しかったり・・・なーんてね。ハイこれ、キャンディー。このために着たんだろ?どう?びっくりした?ボクもピーチさんのために一生懸命用意したんだよ。ははは。」

デレン・・・ハロウィンキャンディー
「ハロウィンだからちょっとだけどキャンディーを用意したの。たまにキャンディより他のお菓子がほしいっていう人もいるから、受け取ってもらえるか心配だなぁ。でも、ピーチさんのために用意した私の心がいっぱいこもったプレゼントだから。・・・受け取ってね?」

デル・・・ハロウィンクッキー
「ほんの何年か前までは私もハロウィンキャンディーをもらいに行ったんですよ。こうしてあげる側になってしまうと少しさみしい気もしますけど・・・。はい!ピーチさんのためにハロウィンクッキーを用意しておきました。よかったら食べてみてください。」

ガルビン・・・ハロウィンゼリー
「おっ!ハロウィンの仮装ですか!いいですねぇ あっ!しまった!ほんとは驚いてあげなきゃいけないのに素で反応しちゃいました。それはそうとそのカボチャ帽子、ピーチさんにとっても似合ってますね~。頭が特別大きく見えるって言うんですかね?いやいやいやいや、冗談!冗談ですよ そう怒らないで、私が特別にピーチさんのために用意したプリップリで口の中でとろ~りとけるゼリーキャンディーを受け取ってください。」

エレノア・・・ハロウィンチョコレート
「ふふっ。そういえばハロウィンでしたね。去年のハロウィンはどんな感じだったかしら・・・。まだそんな歳でもないのに、たまに物事を忘れたりするのよね・・・。人の名前を急に思い出せなかったり・・・。そう言えばあなたの名前・・・ピーチさん?ピーチさんで合っていますよね?良かった・・・名前を間違い層でちょっと不安になってしまいました・・・。それはそうと、私、ピーチさんに差し上げるチョコレートを用意していたんです。受け取って・・・くれますよね?ロフリオスで特別に注文したハロウィンチョコレートですから味は期待できると思います。」

アグネス・・・ハロウィンキャンディー
「ふふ、ハロウィンは楽しんでいますか?もちろんピーチさんのために私もお菓子を用意しました。これ・・・私の手作りのハロウィンキャンディーなんですけどハーブ成分が入っているので、少し苦いかもしれません。でも体にいいキャンディーですからぜひ召し上がってください。」

ジェームス・・・ハロウィンクッキー
「楽しいお祭りは皆の心をひとつにしてくれます。それはとても重要なことだと思います。そこで、今日は私もライミラクの教理を離れ、クッキーを用意してみました。」

ウィロウ・・・×
「ハロウィンで来たのだろう・・・。できれば私も若者たちとともにハロウィンを楽しみたかったのだが、今日に限って教区で急な用事が出来てあな。・・・だからと言ってがっかりするでない。ハロウィンキャンディーならジェームスに用意させておいたからあとで受け取ると良いだろう。」

アイディン・・・×
「ああ・・・ハロウィンの時間だな。それはわかるが、そのように我々を驚かすと魔族と誤認される恐れがある。気をつけたほうがいいぞ。」

ジョセリン・・・ハロウィンクッキー
「あははは。かっこいいわね。かぼちゃ帽子。ハロウィンだからちょっとクッキーを焼いてみたの。ピーチさんにもひとつあげるわ。食べてみて。」

ルア・・・ハロウィンキャンディー
「きゃっ・・・!もしかしてピーチさん?もうっ。驚いたじゃない!仮装なんてしなくても、ピーチさんにあげるキャンディーは、ちゃーんと用意してるわよ。はいっ、キャンディー。今日一日楽しんでね~。ふふっ。」

ルーカス・・・ハロウィンゼリー
「ウハハハハ!かぼちゃ頭か!こいつは驚いた!ハハハ!しかしあんたはそうやって帽子をかぶっているより元の顔のほうが数倍怖いぜ。ウハハ、冗談だよ、冗談。まあこのルーカス様が用意したハロウィンゼリーを持っていけよ、ハハッ!」

― バンホール ―
イビー・・・×
「ハロウィン・・・。イビーもキャンディー・・・食べたい・・・。・・・無理だよね・・・。」

カムガン・・・×
「ああ、どうしましょう・・・。ハロウィンだと知っていたのに聖堂の建設の費用について悩んでいたらハロウィン料理を用意するのを忘れてしまっていました・・・。わざわざこうして遠くからいらっしゃってくださったのに・・・。・・・申し訳ない気持ちでいっぱいです。」

リカド・・・×
「あっ。ピーチさん。もしかして、ハロウィンだから訪ねに来たんじゃ・・・?・・・やっぱり。そうだと思いました!ハロウィンキャンディーならあそこのジェニファーさんのところに行ってみてください。そうそう。なんとなく、ここのバンホールのさみしい姿ってハロウィンの雰囲気に似合っていると思いませんか?」

ジェニファー・・・ハロウィンキャンディー
「ホホホ、はい、どうぞ。キャンディーです。先に来た方々に上げていたので、もう少しでなくなるところでした。やっぱりピーチさん、今日は運がいいですね。」

ブライス・・・ハロウィンキャンディー
「いらっしゃいませ、ピーチさん。ちょうどハロウィンの時期ですね。はい。キャンディーです。少しですが・・・どうぞ受け取ってください。あの、ところで・・・そのかぼちゃ帽子をずっとかぶっていると、窮屈じゃありませんか?あっ、いえ・・・なんとなく気になったので。」

ギルモア・・・×
「いくらハロウィンと言えども世の中すべて金だ、金。もらう立場の人間ならたかがキャンディと思うだろうが、キャンディーを用意するだけで、どれだけの金がかかると思ってるんだ。与える立場にもなってみろ。・・・とにかく今年は店の運営問題も会って、色々複雑なんだ。だからよく聞け。ハロウィンキャンディーをやらなかったからって陰でぶつくさ言うなよ。」

エイレン・・・×
「フフッ。ピーチの目を見ただけで何を考えてるか分かっちゃったヨ!ハロウィンキャンディーもらいに来たんでショ?オジイさんのところに行ってみなヨ。夕べ遅くに、オジイさんのおつかいでいろいろキャンディーを買ってきたんだ。ピーチは気にいってくれるかなァ。」

アイデルン・・・ハロウィンキャンディー
「ハロウィンキャンディーを用意したんだが、最近の若者の好みが分からなくてな。昨日、エイレンの買いに行かせたんだ。気に入ってもらえるといいが・・・。」

ショーン・・・×
「今日がハロウィンだってことは知ってたけど、子供の僕にまでキャンディーをもらいに来るなんて・・・。ジェニファーさんからもらったキャンディーならあるけど、これはイビーと食べるんだ。」

― ベースキャンプ ―
エトゥナ
「へぇぇぇ~~あんた!このあたしを驚かせようっての?いい度胸してるじゃん!え?キャンディー?あたしが食べる分もないのに、あんたにあげられる分があるわけないじゃん!ったく・・・顔を隠して驚かすなんて卑怯者のやることだよ 一昨日来な!」

エフィー・・・ハロウィンキャンディー
「きゃあああああっ!!・・・えっ・・・?ピーチ・・・さん・・・??ご、ごめんなさい・・・気づかず・・・驚いてしまって・・・。私、心臓が弱くて・・・普段からよく驚く方ですし・・・。ハロウィンの・・・キャンディー・・・ですよね・・・?それなら・・・そんな帽子を被られなくても・・・おっしゃって下されば、差し上げましたのに・・・。」

ニッカ・・・×
「キャンディ~?オッケ~オッケ~!ホワイトデ~のだな?・・・・・・って違うじゃね~か!!ハロウィンだ~~ぁ?毎年毎年ホワイトデーのたんびに姉ちゃんたちに渡すキャンディーも足りねぇってのにハロウィン月なんて用意出来ね~って!」

ヒルブリン・・・ハロウィンチョコレート
「ふふっ。顔を隠されていても声でわかります。ピーチさんですよね?いらっしゃるだろうと思ってハロウィンチョコレートを用意しておきました。」

アレクシーナ・・・ハロウィンかぼちゃパイ
「昔はこの時期に、1年の終わりと新しい年の始まりの変わり目があって、死者を尊ぶサワーンというお祭りが行われていたの。それが転じて、現在のハロウィンになったと言われているわ。ピーチは今日一日どう過ごしたかしら?私もピーチの為に、特別にかぼちゃパイを用意したのよ。久しぶりに腕を振るってみたんだけど・・・ピーチの口に合うかしら。」

― その他 ―
トレイシー・・・×
「ふははははは。ハロウィンだ~?そうとも!案の定たくさんの人が俺のところにきたぜ。しかし・・・困ったな・・・。もうちょっと早く来てくれりゃよかったのに。悪いな。キャンディーは全部分けちまってもうないんだ。」

タルラーク…×
「コホッ、コホッ・・・。え?キャンディー?キャンディーをもらいに、こんな遠い所までいらっしゃったんですか?コホッ、コホッ・・・。すみません・・・私も最近咳がひどくてキャンディーで喉を落ち着かせているのですが・・・コホッ、コホッ・・・。・・・こんな状態なので、できるだけキャンディーを残しておきたいのです・・・。(そう言いながらキャンディーを1つ取り出して口に入れた。)せっかく足を運んでいただいたのに、本当にすみません・・・。・・・コホッ、コホッ・・・。」

フレッタ・・・×
「・・・用意してないから逃げ回ってたのに・・・見つかっちゃうとはね。あ~あ~。これだから祝日とか特別な日ってイヤなのよ・・・。」

セイマス・・・ハロウィンキャンディー
「ハァ・・・ハァ・・・今日はハァ・・・そんなハァ・・・ハァ・・・日だったか・・・。ハァ・・・ハァ・・・ちょうどショーンにハァ・・・ハァ・・・あげようとハァ・・・ハァ・・・用意したキャンディーがハァ・・・ハァ・・・ちょっと残っているんだハァ・・・ハァ・・・いるかい・・・・・・?」

シェナン・・・ハロウィンゼリー「あっははは!!!かぼちゃ帽子、面白いな~~!似合ってるよ!そうだな・・・帽子までかぶって来てくれたのに手ぶらで返すのも悪いよな・・・。そうだ。ちょうどプライスにもらったハロウィンゼリーがあるから、分けてやるよ。」

カラジャック・・・×
「ウアアアアッ!!!・・・か、怪物!!!かぼちゃの怪物だああぁっ!!!」

マーリン・・・ハロウィンキャンディー
「うわっ・・・!びっくりした・・・!・・・って、やっぱりわざとらしいでしょうか?ははは・・・どうにも私はこういうことが下手で・・・。はい。お求めのものはこれですよね?ピーチさんのために用意していましたよ。ぺトラ海運をこれからもどうぞよろしくお願いします。」

ペトラ・・・×
「ん?ハロウィン?キャンディー?もうそんな時期か・・・。それなら、私でなくマーリンにねだってみるといい。・・・ところでそのかぼちゃ帽子・・・、どこで手に入れたんだ?うちの船員にも被らせたら面白いかもしれんな・・・!」

プライス・・・ハロウィンゼリー
「おおっと!ははは・・・ピーチさんか?妙な物をかぶっているから、一瞬強盗かと思ったよ、ははは。今日はハロウィンだからな。俺もピーチさんのために特別にゼリーを用意したんだ。普段はあまり食べないものだろう?さ、受け取ってくれ。」

ドウガル・・・×
「まさかそんなことでここまでいらっしゃるとは思いませんでした。ふふ、そうですね。普通ならこう答えたあとキャンディーを差し上げるのでしょうけど・・・申し訳ありませんが、用意してないんです。」

ムロ・・・×
「ハロウィンだからと言って私までキャンディーを用意しなくてはならないのか。ムロは昨日から歯が痛い。キャンディー、こわい。」

アル・・・×
無反応

エルフのNPCは全て無反応でした。

― 無理(・д・;) ―
モク・・・?
ナオ・・・?
ティン・・・?
フィオン・・・?

さて、ここで問題!タイプミスはいくつあったでしょう?(ノ∀`)
ブログランク - FC2 Blog Rankingブログ村
2006.10.29 [Sun] - 00:59 | マビノギ | TB(0) | CO(2) - Open&Close
<< スカラー電磁波放出中HOME禁煙 >>

コメント

  --- posted-by, まっぴぃ

おつw

  --- posted-by, ピーチ

おつありw
いいタイピング練習になった!

コメントの投稿

>> 禁止ワード <<
管理者のみ表示

トラックバック

http://castleofpeach.blog57.fc2.com/tb.php/416-fdbbebb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の更新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の記事

全ての記事を表示する

管理人@ピーチ

マビノギ樽鯖8ch在住 : 神出鬼没
ゲームキャラ * 中の人

このサイトについて

ピーチのお城へようこそです。
このサイトは管理人ピーチの自己満足なサイトです。宣伝や荒しなどのコメントやトラックバック、非人道的なコメントや他の閲覧者の気分を害するようなコメントなどは、管理人の自己判断で消すことがあります。ご了承ください。なお、当ブログはフィクションです。それではごゆっくりとどうぞ。

携帯から読む

QRコード

訪問ありがとう

ついったー

FC2Ad

  .

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。