スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランク - FC2 Blog Rankingブログ村
--.--.-- [--] - --:-- | スポンサー広告

ズバリ!テレビの話

結婚したら女は仕事を辞めて家に入る方がいい。

テレビで「ズバリ言うわよ」見てて細木数子が言っていた。

確かにその方が家庭はうまくいくのかもしれない。
妻が家にいれば夫は安心して仕事に行ける?
子供も家にお母さんがいる方がきっといい?

なんかgdgdになりそうだけど、思う事を書いてみる。

そうだなぁ、男の人のことはよくわかんないけど、
結婚したら妻には働きに出たりしないで家にいてほしいものなんだろうか。
子供はー、小さい頃から鍵っ子で一人で夜遅くまでお留守番なんて寂しいよね。
今、子供を鍵っ子にしている母親は本当はきっと、働かずに家にいて子供が学校から帰ってきたら「おかえり」って言ってあげたいのだろうと思う。

でも現実は・・・それが出来ないんだろうね。
家族が生活出来るだけの収入を貰ってる男の人ってどれくらいいるのだろう。
子供が出来ればお金かかるだろうから適当に計算しても月給40前後くらい?
それ考えると専業主婦になることは難しいよねぇ。
細木数子が言ってる事は正論だと思うけど、理想論だよなぁと思った。
そういうことちゃんと考えて言ってるのかなぁ。
どうでもいいけど、細木さんがそういう話をしてる時に流れるあの背景にかかる音楽がちょっと気に入らない('A`)

逆に女性が働く事についてちょっと考えてみた。
結婚して子供が出来ないうちは特に問題はないだろうけども妊娠したら働き続けることを一度は諦めなくてはならない。出産しないといけないし、出産後すぐバタバタ動いたらいけないらしいからね。
出産後に再開するにしても育児して家事して仕事して・・・
ある程度協力してくれる旦那さんならいいけど、
そうではなく非協力的な旦那さんだった場合はキツイよなぁ。
まぁ昔よりも亭主関白みたいな人は今は減ってて、協力的な旦那さんが増えているからこそ、そういう女性が増えてるのだとは思うのだけどね。

子供にしてもまだ1歳にも満たないうちから保育園に預けるのはなんだかかわいそうだ。親としても小さいうちは預けたりしないで自分で見たいはず。多分。
でも生活していくには働かないといけないから働く。

あーでも最近は特には生活には困ってないけど、
とにかく働きたい女性なんかもいたりするのか。
結婚しようが子供がいようがなんだろうが仕事はしていきたいって人生も
べつにその人の人生だから勝手にすればいいとは思うけど、これはちょっと自分勝手だよなぁなんて少し思ったりする。
だって、生活できるのに働きたいなんて我儘のなにものでもないじゃん。
仕事してるせいで旦那さんに家事やら手伝って貰って負担を与えてることにもなる。旦那さんには何も頼らず家事も育児もするって言ったって、
どう考えてもどこかが蔑ろ(ないがしろ)になるでしょう。
だって専業主婦でさえ家事と育児だけでも大変なのに、仕事まで加わって全て完璧にこなせるなんてありえないもの。サイボーグだよ。

そもそも働くって何なのだろう。
私にとって働くってことは生きていくため、生活していくための手段にしかすぎなくて、別に生活出来るだけの旦那さんの収入があるなら働く必要なんて全くないと思うんだよね。
働いてる時間を家のことをしたり子供に裂いたりして、残った時間を自分の趣味とかで使ったりした方が自分的にも楽しいような気がする。
仕事ってそんなに生き甲斐感じる程楽しいか?
生き甲斐感じるほど楽しかったとしても、子供に寂しい思いさせたり家庭を犠牲にしてまで続けるほど価値があるのだろうかと疑問に思う。

まぁ主婦だけしてるのは退屈なのかなぁ。
会社の仲間と飲みに行ったりもしたいだろう。
家庭に入ればそういうことも出来ないのは目に見えてるしね。
そういうことがしたいうちは結婚なんて出来ないよね。
で、そういうこと色々考えたら結婚は出来ても子供なんて産めないよね。
産んでも一人がせいぜいだろう。それで少子化になるのかもね。
なんか悪循環な世の中だな。

そういえば、細木数子がしきりに言ってたけど、
ズバリって教育番組だったのね('A`)ホントカソレ

ズバリのあとにリンカーン見てたんだけど、
「ハリセンボンの説教先生!」してた。面白いねあの子達。
ダウンタウンとか、雨上がりとかいるからこそだとは思うのだけどw

リンカーン

ダウンタウンって40歳くらい?頑張るなw

おぁ、デスノOP変わったのか。変なの~。前の方がよかったわ。
ブログランク - FC2 Blog Rankingブログ村
2007.02.28 [Wed] - 02:13 | 日常 | TB(0) | CO(4) - Open&Close
<< 携帯画像HOME地球は365.2422日で一周する >>

コメント

NoTitle  --- posted-by, マリオ閣下

おはよござます
病を患ったマリオ閣下です
花粉症になったのか鼻もすごい

細木のおばちゃんが巧みなとこは、自分の経験と占い師という生業を織り交ぜて話しているところだよね
もともと占い師って言葉巧みだけど('A`)
お金=豊か=幸せ なの?って思います

ところでマビノギが動かない・・・
と思ったら動いてました( ´∀`)

NoTitle  --- posted-by, ピーチ

貧乏でも幸せだとか言うけど、
ある程度のお金があれば「余裕」が出来るという意味では「お金=豊か=幸せ」は一理あると思うのよねぇ。
お金で喧嘩したり悩んだりするのってなんか嫌だしさ。
まぁ人にもよるのだけど、あまりお金お金と追い求めてる人にはいくらお金があっても「余裕」なんてないだろうけどw
ちゃんと住む家があって、支払いが出来て、
好きなもの買えて(好きなものが車とか家とかだと困っちゃうけど;)、
少し残るぐらいのお金があれば、
貧乏で毎日ギスギスの生活よりは、心にも余裕が生まれるかなぁと。
そしたら幸せの方向にもいきやすいかもね?とか思うよ。

細木数子も自ら自爆してたけど、占いは所詮占いであって、
入り口でしかないのよね。
あ、自爆ってのは、そういうこと言ったら
自分は当たらないですよって言ってるようなものと同じだから。

信じるも信じないも、その人の判断だから
結局は自分の運命は自分で変えたりしてるんだよ。
何年頃にどうなる~みたいなことを占い師が言うけど、
それって占い師にとってはバクチだよね。
当たらなかったら職がなくなるかもしれん。
占いを信じる人は、それが当たらなくてとんでもない事になったら
その占い師のせいにしちゃったりするから、それはそれで悲惨だよなぁ。
ま、占い師はそれで金儲けて食べてるんだからしょうがないけどなw

NoTitle  --- posted-by, ElecTone

細木サンの言うことは理想論とも言えるかもだけど
やっぱり,それを理想論と言われようが,
口に出して言う人が必要でもあると思う.

そんで,働くこととか主婦のこととかの話は
ピーチさんと全く同意見でした(*´▽`)ほんとそー思う.
お金があっても仕事をしたい人が,不思議でならない.
きっとお金があっても,足りないものがあるんだね.
それを仕事に見出してるんだね.
そゆ人には全然交換してあげるから変わりに働いて欲しいよ.笑
人それぞれなのかな.難しいね.

NoTitle  --- posted-by, ピーチ

口に出して言う人も必要。うん、確かにそうだ。
特に生活出来るだけのお金はあるのに働きに出てる兼業主婦を気づかせるためには必要だよね。

そもそも細木さんのこういう考え方は嫌いではないのよ。
言ってる事は正しいと思うしね!
ただ、今の社会の上から下まで見ると、したくても出来ない人の方が多いだろうな比較的多い=理想論かなっと。
ちょっと批判ちっくな言葉が出てしまった・・・かな?
でもその細木さんの考え方を批判してるわけじゃないんだっ

自分が生きていると実感できる空間は人それぞれだけど、
それなりの責任とか義務とか大人には少なからずあるし、
結婚したり子供産んだりすればそれがもっと増えるものだと思う。
だから自分の事ばかり考えて・・・というのは普通は通らないよね。

コメントの投稿

>> 禁止ワード <<
管理者のみ表示

トラックバック

http://castleofpeach.blog57.fc2.com/tb.php/571-f202f55f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の更新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去の記事

全ての記事を表示する

管理人@ピーチ

マビノギ樽鯖8ch在住 : 神出鬼没
ゲームキャラ * 中の人

このサイトについて

ピーチのお城へようこそです。
このサイトは管理人ピーチの自己満足なサイトです。宣伝や荒しなどのコメントやトラックバック、非人道的なコメントや他の閲覧者の気分を害するようなコメントなどは、管理人の自己判断で消すことがあります。ご了承ください。なお、当ブログはフィクションです。それではごゆっくりとどうぞ。

携帯から読む

QRコード

訪問ありがとう

ついったー

FC2Ad

  .

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。